癌治療の新日本橋石井クリニック

Share on Facebook
LINEで送る

http://www.anktokyocancer.or.jp/

皆さんはがん治療には、さまざまな療法があることをご存知でしょうか。
ドラマや映画などの、がんの治療シーンに出てくるのが、
・ 放射線を患部に照射し、がん細胞を死滅させる、放射線療法。
・ がんに侵された臓器や血管、リンパ線などを切除する、手術(外科)療法。
・ がん細胞の増殖を抑制したり、死滅させたりする成分を持った薬を、注射や内服などで血中に取り込み治療する、薬物(科学)療法。
などが多いと思います。

しかし、これらの認知度が高いがん治療の療法には、良い面もありますが副作用が出ることもあります。
良い面としては、初期や範囲の小さいがんのときには、完治するなどの治療効果が出やすい、というところです。

その反面各療法の副作用などは、
・ 放射線療法と薬物療法 がん細胞以外の健康な細胞にも、脱毛や全身の倦怠感などの症状が発生することがある。
・ 手術療法 侵された臓器などを切除することにより、その臓器がしてきた機能が失われる。
などがあります。

しかし、新日本橋石井クリニックさんで行っているがん免疫細胞療法は、副作用が起きにくい療法です。
この免疫療法は、患者さんの体内から取り出したがんを攻撃する細胞を増やし、それを体内に戻して治療をするので、体に負担が少なくてすみます。
もし、がんになって治療方法を選択するなら、新日本橋石井クリニックさんのがん免疫細胞療法も選択肢にしてみるのはどうでしょうか。
きっと、体にかかる負担が少なく癌が治るかもしれませんよ。

投稿日: